Author Archives: 映画祭実行委員会

  1. 無事終了致しました。

    無事終了致しました。 はコメントを受け付けていません。

    「食と農の映画祭2016 in ひろしま」無事に全てのプログラムを終えることができました。
    プレイベント、前日の交流会から映画祭期間中、ライブにトークにたくさんの方々にご来場、ご参加頂きありがとうございました。
    今年のテーマは「食のこと、環境のこと、平和のこと、映画を通して考えよう」ということで、映画やイベントやキネマルシェに触れて頂く事で、身近なことでも些細なことでも、何か皆様の気付きのきっかけになれば幸いです。
    また、協力してくださった多くの団体、店舗や企業の皆様、農家の方々、個人の方々…関わって頂いた全ての皆様に感謝致します。

  2. 「食と農の映画祭2016 in ひろしま」開催中

    「食と農の映画祭2016 in ひろしま」開催中 はコメントを受け付けていません。

    土曜日から始まっております「食と農の映画祭2016 in ひろしま」。
    ロビーではこのような感じでキネマルシェを開催しています。
    是非映画の合間にお立ち寄りください!

  3. 『海と森と里と つながりの中に生きる』と『無念 浪江町消防団物語』について

    『海と森と里と つながりの中に生きる』と『無念 浪江町消防団物語』について はコメントを受け付けていません。

    すべての生き物の命は自然の巧みな循環に支えられています。しかしその循環は「開発」によって断ち切られました。ドキュメンタリー映画『海と森と里と つながりの中に生きる』では、岩手・岩泉、一ノ関・室根、四国・吉野川流域の森と農村、宮城・気仙沼の海、東京湾にわずかに残った干潟・三番瀬を訪ね、山に、里に、海に生きる人びとの言葉に耳を傾け、自然の循環の中に人間の営みを位置づける方法を考えます。
    2011年3月11日に起こった東日本大震災。そのあと起きた東京電力福島第一原発の爆発事故。『無念 浪江町消防団物語』は、事故のあった原発から約8キロに位置する福島県の浪江町の消防団の人々が、立ち入り禁止区域に指定されたことで救助できなかった命を無念に思う苦悩を描くアニメーションです。
    私たち実行委員会は、是非皆様にこの2つの映画を一緒に見て頂きたく、セット上映という形でスケジュールを組みました。これらの映画から何かを感じ、考えるきっかけとなれば幸いです。
    海と森と里と つながりの中に生きる
    浪江消防団物語「無念」

  4. 『はなちゃんのみそ汁』と『いただきます みそをつくるこどもたち』について

    『はなちゃんのみそ汁』と『いただきます みそをつくるこどもたち』について はコメントを受け付けていません。

    『はなちゃんのみそ汁』では、がんを患った安武千恵さんが33歳で亡くなる寸前まで、一人娘のはなちゃんに食を中心に生きるすべを教えます。実は千恵さんの生き方を変えたのは、はなちゃんが通っていた福岡市の高取保育園。高取保育園のみそ造りや食育がまさに原点だったのです。
    そして、高取保育園のドキュメンタリー『いただきます みそをつくるこどもたち』を監督したVIN OOTA氏は。『はなちゃんのみそ汁』のスタッフとして関わったのがきっかけだったそうです。
    食と農の映画祭では、『はなちゃんのみそ汁』と『いただきます みそをつくるこどもたち』は前後のプログラムに並んでいますので、是非同時に見て頂けたらと思います。
    はなちゃんのみそ汁
    いただきます みそをつくるこどもたち

  5. トークプログラム、キネマルシェの情報を更新しました

    トークプログラム、キネマルシェの情報を更新しました はコメントを受け付けていません。

    トークプログラム出演者とキネマルシェ出店情報をイベントページにアップしました。
    11月27日(日)スペシャルゲストの門馬よし彦さんと共に『無念 浪江町消防団物語』のいくまさ鉄平監督もゲストとしてご登壇頂きます。

    キネマルシェは、映画祭の期間中サロンシネマのロビーで、映画祭の開催にご協力いただいている農家や生産団体などによるミニ産直市です。
    トークでは、「食」と「農」の最前線で活躍されている方々に出演して頂き、それぞれの分野での最新の話題をお話いただきます。
    ライブもキネマルシェもトークも是非映画と併せてお楽しみください。

  6. 11/25開催 福島・広島 語り部交流会 「語ることの大変さ大切さ」

    11/25開催 福島・広島 語り部交流会 「語ることの大変さ大切さ」 はコメントを受け付けていません。

    食と農の映画祭2016 in ひろしま 関連事業のお知らせです。

    本映画祭の上映作品でもある『無念 浪江町消防団物語』を制作された、まち物語制作委員会と福島県浪江まち物語つたえ隊の方々をお招きしてイベントが開かれます。どなたでもご参加頂けますので是非足をお運びください。

    福島・広島 語り部交流会 「語ることの大変さ大切さ」

    ヒロシマは被爆から70年を経て、語り部の高齢化に伴い被爆体験をどう継承していくかが問題となっています。一方、福島においても原発事故から5年が経過し、人々の関心が薄らぐ中、語る機会が減少しています。加えて、差別をも生みかねない放射能被害の伝え方の難しさや、核利用に対する意見の対立がある中で、どう伝えるか大変難しいテーマです。
    そうした中にあって、福島でアニメ映画や紙芝居を使って被災体験を伝え続ける語り部を招き、ヒロシマの語り部と交流する中で「語ることの大変さ大切さ」について考えたいと思います。

    日時 2016年11月25日(金) 15:30〜
    場所 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 会議室
    (広島平和記念公園内 原爆死没者慰霊碑[広島平和都市記念碑]の隣)
    参加方法 入場無料。どなたでもご入場頂けます。途中からでも構いません。
    内容 ○紙芝居「蟻の祟り」 緩急車雲助(20分)
    ○トークタイム1部 テーマ「広島はヒロシマをどう伝えてきたか」
    パネラー:広島の被爆者 ー 新多美智子、緩急車雲助
    福島県浪江まち物語つたえ隊 ー 岡洋子、八島妃彩

    ○紙芝居「見えない雲の下で」八島妃彩(20分)
    ○トークタイム2部 テーマ「今(福島、広島)をどう伝えるか」
    パネラー:いくまさ鉄平、友川千寿美
    福島県浪江まち物語つたえ隊 ー 岡洋子、八島妃彩

    主催 食と農の映画祭2016 in ひろしま、まち物語制作委員会
    協力 浪江まち物語つたえ隊、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
    お問い合わせ 食と農の映画祭2016 in ひろしま 実行委員会事務局(シネマキャラバンV.A.G内)
    082-285-8165
    アクセス
  7. この世界の片隅に

    この世界の片隅に はコメントを受け付けていません。

    こうの史代さんの同名コミックを原作に片渕須直監督がアニメーション映画化した『この世界の片隅に』。
    第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするすずと、彼女を取り巻く人々の日常が描かれています。

    昨年の「食と農の映画祭」のロビーで、『この世界の片隅に』の応援展示ブースがあったのを覚えていらっしゃいますか?

    『この世界の片隅に』応援展示ブース

    『この世界の片隅に』応援展示ブース

    『この世界の片隅に』応援展示ブース

    ついにこの11月に全国公開となり、各方面で話題となっていますね。
    広島でも八丁座、バルト11、呉ポポロ、T・ジョイ東広島、福山駅前シネマモードで上映中です。
    是非劇場に足を運んでみてください。

    『この世界の片隅に』公式サイト
    http://konosekai.jp/

  8. 食と農の映画祭2016inひろしま プレイベント「農家トークセッション&食のつどい」

    食と農の映画祭2016inひろしま プレイベント「農家トークセッション&食のつどい」 はコメントを受け付けていません。

    11月12日(土)に行われたプレイベント「農家トークセッション&食のつどい」無事に終了致しました。
    ご参加頂きました皆さん、トークにご出演頂いた門藤さん、早志さん、新谷さん、どうもありがとうございました!
    門藤さん「安心して食べて欲しい」という思いで作り続けている門藤さん。生産者のところへ是非一度足を運んで欲しい、と仰っていました。
    【門藤農園→http://mondofarm.on.omisenomikata.jp/
     

    早志さん鶏が食べるエサにもこだわり、「自然のものを鶏の世界へ持ち込みたい」という早志さん。
    【はやしなちゅらるふぁーむ→http://www.hayashi-nf.com/
     

    新谷さん
    脱サラして農業の道へ。消費者として「自分が食べたいと思える野菜」を作って届けたいという新谷さん。
    【どじょうや→http://www.dojoya.jp/
     
    農業や食について、そして田舎暮らしについてもトークは弾み、参加者からの質問にも答えて頂きながら、とても有意義なお話を聞くことができました。

    トークの後は実際に食材を使ってごはんを作り、農家の方達と一緒にいただきました。

    とても実りある体験ができたイベントだったと思います。みなさまありがとうございました。

    さて、プレイベントも終わり次は「食と農の映画祭2016 in ひろしま」開催本番が近づいております。
    チケットもこのホームページからご予約頂けます。→http://faffh.com/ticket/
    映画祭ではトークやライブも開催されます。また、映画館のロビーではミニ産直市「キネマルシェ」も開かれますので、是非映画と共にお楽しみ頂けたらと思います。

  9. 実行委員会ミーティングの様子

    実行委員会ミーティングの様子 はコメントを受け付けていません。

    11/4(金)は実行委員会のミーティングが行われました。
    開催が迫るプレイベントや映画祭期間中の段取りや細かな打ち合わせをしたり、宣伝やプロモーションについて話し合っています。

    ということで今週末に迫ってまいりましが11月12日に開催のプレイベント「農家トークセッション&食のつどい」ご希望の方は、お問い合わせください!

  10. プレイベント「農家トークセッション&食のつどい」まだ少し空きがございます!

    プレイベント「農家トークセッション&食のつどい」まだ少し空きがございます! はコメントを受け付けていません。

    11月12日に開催のプレイベント「農家トークセッション&食のつどい」ですが、まだ少し空きがございます!
    ご希望の方はお問い合わせください

    概要

    日にち:11月12日(土)11:00~14:00頃
    参加費:中学生以上1,000円
    会場:広島ガス ガストピアセンター(広島市中区南竹屋町1-30)
    申込方法:メール、お電話でお問い合わせください。

    内容紹介

    作って食べよっ!!
    ・「みそこだま」で作るお味噌汁
    ・どじょうやさんの有機野菜の浅漬け
    ・門藤農園さんのコシヒカリ&はやしなちゅらるふぁーむさんの平飼いたまごを使ったたまごかけごはん

    トークの方をご紹介
    ・どじょうや 新谷なつきさん
    東広島市志和町で脱サラIターン就農して間もない野菜農家。屋号「どじょうや」の通り、有機農法で「土づくり」に力を入れています。
    ・はやしなちゅらるふぁーむ 早志健太郎さん
    東広島市福富町で餌から安全安心にこだわった平飼い養鶏農家。祖父・父が築いてきた農場で誠実に鶏たちと向き合う3代目。
    ・門藤温三さん
    東広島市福富町で合鴨農法有機栽培米づくりと自家製麹を使った味噌づくりに長年にわたって取り組んでいます。

    http://faffh.com/pre-event/